春夏メイクは大変

春先から夏にかけてのメイクは大変です。どんなにしっかり対策をしても皮脂によるテカリがありますからね。強力に皮脂を吸収してくれる
というあぶらとり紙がある、ときけばつぎつぎに試したくなります。

普通のOLだったりしてもこれだけ化粧崩れ防止にあれこれ悩んで大変です。化粧崩れなんかしてはいけない職業の人達は本当に苦労
しているだろうと思います。人前に立つことの多い接客業や注目を浴びながら仕事をする客室乗務員というような職業の人達はそれぞれに
工夫していますね。まさかお客さんの前で化粧直しをするわけにもいきませんから。

化粧持ちをよくするには、やはり下地もしっかりとしないといけないそうです。草花木果の化粧下地、テカリ知らずには舞妓さんが愛用して
いるあぶらとり紙にも使われている「麻」が原料として使われています。麻には抗菌作用があり、皮脂をよく吸収するのだそうです。
夏服には麻が使われていることもありますし、やっぱり昔から夏の素材なんですね。麻の生地自体、肌触りもなんだかさらっとしていて気持ちが
いいですもんね。  

もちろん、今のご時勢ですから化粧下地といえども保湿成分や紫外線カットなどの嬉しい機能もちゃんとあります。肌を美しくみせてくれる
効果もあるので、薄化粧メイクにも使えると思います。化粧下地の役割はファンデーションのノリやもちをよくするだけじゃないんです。

簡単メイクですませたいような日には基礎のあと、これとポイントメイクだけでもきちんとして見えると思います。そういうアイテムって普段使いから特別なときまで欠かせないと思います。

毛穴カバー 下地